×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

06.9.23 スイングアームのつづき

塗装はがしと錆び落としが終わったので各部の確認したところピボットのニードルベアリングがちょっとザラザラした感じでしたので抜いて塗装後に交換することにしました。アストロの安物ベアリングプーラですがこれはかなり使えます、ちょっとしたコツがありますがうまく使えばハスコーなんかの一流工具に匹敵するくらい役に立ちます。オススメ安物工具の一つです。写真は半分抜けたところ、幸い全く錆びてはいません。

次いでリンクアーム取り付け部のベアリング、これは逆側の樹脂のキャップを外して大きさの合うものを突っ込んでオイルシールごとたたき出せば抜けます。17mmのプラグソケットがぴったんこでした。

抜いたベアリング4個、左の樹脂製の奴は再利用、右のニードルローラーベアリングはざらつくので交換です。

ベアリングが抜けてすっきりしたスイングアームピボット。これで下処理は終了、あとは洗ってブラストの細かい砂を流して脱脂、塗装です、取りあえず錆びないように薄く556を吹いて保管です。これをもってスイングアーム編は終了です。次はやりたくなさNo.1のフレームの錆び落としと下処理です。851も来て後ろがつかえているので少し手を抜きながら逝きましょうか。

 もどる