×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

07.09.10 エンジン周りは飽きてきたので趣向をかえてフロントブレーキだす。
ラメのフロントブレーキはでろでろだったので壱号車からはずしたフロントブレーキ周りを使いましょう。
壱号車のブレーキは現在はブレンボの13mmマスターに同じくブレンボのキャスティングキャリパーですがノーマルのブレーキが壊れたから取り替えたワケではなく、かっくんブレーキでタッチが気に食わなかっただけなんです。
そんなわけなので、シール類を交換してから5000kmくらいしか走っていないブレーキ一式なんですが、約二年くらい放置プレーを続行していたのでそのままつけるのはちょっと怖いので分解してお掃除兼確認です。

はずしたまんまダンボールに放り込んであったのですがそんなに腐ってない。

とりあえずバラバラにして洗浄、ピストン磨き、ガスケット交換です。マスターカップのフタの塗装が禿げているのでフタだけ塗装しなおしが必要ですな。インナーピストンもキレイで全てのパーツの交換は必要なさそうです。だいぶ予算オーバーになりそうなのでこの辺で節約です。とはいっても絶対に手抜きの出来ないパーツなので妥協はしてませんが。

以前手入れしてから4年だと思いますが非常に状態のいいピストンです、ちょっと磨いただけで終了。

エア抜きの時にブレーキオイルをこぼして出来たと思われる塗装のハゲがありますがさびや腐食もなくキャリパーの状態も良好です。このブレーキは初期型のTZR(1KT)と共通で、効きはまずまずなのですがタッチがよろしくないんですな。
まずはこれで組んであとからまた考えましょう。

後は組み立てて終了ですが本日はここまで


つづきをみる

 もどる